髭の肌荒れを起こすシェービング方法7選〜これだけはやってはいけない〜

ダサメンからの脱却

髭の肌荒れの最も大きな原因はシェービング方法が誤っているからだと考えられます。今回は、「これだけはやってはいけない」髭の肌荒れを起こすシェービングを解説します。

髭の肌荒れを起こすシェービング

カミソリで毛の生えている方向と反対に剃る

カミソリで剃る時は毛の流れに沿って剃るのが基本です。
逆剃りする際は、90度の方へ剃るのではなく、上45度の方向へ剃ると肌への刺激がおさえられます。

消耗した刃を使って剃る

消耗した刃を使って剃ると、肌を傷つけカミソリ負けを起こします。

カミソリで剃る

カミソリは電気シェーバーより髭の肌荒れを引き起こし老化につながります。

髭の肌荒れを防ぐためには、カミソリより電気シェーバーがオススメです。電気シェーバーはヒゲを引き込んで切る仕様になっているため、刃が皮膚に直接触れにくくなっています。

また、「電気シェーバーと安全カミソリ使用者の肌は違う」との研究を参照すると、剃刀で長年髭を剃っている人は電気シェーバーで剃っている人より髭の肌の老化が目立ちます。色素沈着、カサつき、キメの乱れが起こりやすくなります。

何もつけずに髭を剃る

シェービングフォームをつけて髭を剃りましょう。髭を何もつけずに剃ると、肌荒れにつながります。

シェービングフォームは、オイルタイプ、ジェルタイプ、フォームタイプなど様々なタイプがありますが、肌を傷つけず、きちんと剃れるのはジェルフォームタイプです。理由は、敏感肌・剛毛の人向けのフォームタイプ、根元まで剃りたい人向けのジェルタイプの両方の要素を兼ね備えているからです。

オススメのシェービングフォーム

髭の肌荒れにオススメのシェービングフォームランキング

石鹸を使って剃る

石鹸は乾きやすいため、シェービングフォームとして代用はできません。乾きやすいと、剃るときに滑らかに剃れず、肌を木津つけてしまう可能性があります。

剃った後に何も塗らない

髭を剃ったら保湿して肌を守りましょう。おすすめの保湿ローションは抑毛効果のあるものです。

髭の肌荒れのために化粧水は抑毛成分入り一択

往復式の電気シェーバーで剃る

電気シェーバーには、肌に優しい回転式と、深ぞり向けの往復式があります。深ぞり向けの往復式より、回転式が肌荒れを引き起こしません。また、シェービングフォームを使って髭剃りをすると、肌の負担を和らげることができます。防水性能を搭載し、ウェットシェービングに対応しているものを選びましょう。

電気シェーバーの選び方

1.肌に優しい回転式
2.シェービングフォームに対応

髭の肌荒れを引き起こさないオススメ電気シェーバー

肌に優しい回転式、シェービングフォーム に対応したおすすめの電気シェーバーを紹介します。

髭の肌荒れにオススメの敏感肌向け電気シェーバー3つ