婚活で残り物になる男性は?婚活相手をキープするのが重要

婚活

婚活で残り物になる男性の特徴を解説します。

婚活で残り物の男性にならないためには、婚活する相手の女性をレベル別に分けて、

婚活の練習して結婚候補をキープしつつ絞っていくのがオススメです。

非情なやり方だと言われるかもしれないですが、これが現実的な方法です。

 

婚活で残り物になる男性の特徴

まず、婚活で残り物になる人の特徴を紹介します。

結婚相手の理想が高すぎる

まず、結婚で残り物になる男性の特徴は「相手の理想が高すぎる」男性です。

具体的には、年収は低いけど「美人で若い女性」を望む場合です。

男性が婚活市場で重視されているのは、圧倒的に年収です。

もともと友達の人と結婚する場合や、イケメンモデルとかの場合は別ですが。

なので、初めて会う女性と結婚する場合は特に、自分の年収に見合ったレベルの女性を選ぶことをオススメします。

高望みして婚活市場で売れ残るよりは、自分の年収に見合ったレベルの女性を選んで、早く婚活市場から抜けるのが得策です。

もしくは、自分の年収を高くすることです。

ありのままで勝負する

婚活でありのままで勝負するのはオススメしません。

自分のプロフィールを盛ったり、よく見せようとし過ぎるのは禁物ですが、ありのままで勝負しても婚活がうまくいかない可能性が高いからです。

そもそも婚活市場にいる男性は、普通に婚活をしてたけど結婚できなかったから婚活をしています。

その時点で自分にどこか直すべき点はないのか、省みることをオススメします。

見た目、性格、キャリアなどの観点から見てみましょう。

年収が低すぎる

先ほども言ったように、婚活市場で強いのは「年収が高い」男性です。

年収が低くても自分の中身を見てくれるという女性は稀だと思っていいでしょう。

いるとしたら、男性より10歳以上高齢の女性などでしょう。

現代は年収を高くする、キャリアアップする方法を検索すればいくらでも出てくるので、まずは年収アップ・キャリアアップをすることをオススメします。

性格やファッションなどに難あり

他に売れ残る要因としては、性格やファッションなどに難ありの場合です。

ファッションよりも性格の方が大きな要因になります。

いくら年収が良くても、例えば上から目線の男性や、いつも人を小馬鹿にしているような男性、自分の軸が定まっておらずふらふらしているような男性と一緒にいると、女性はストレスが溜まります。

先ほども言ったように、最初からありのままの自分を受け入れてもらおうなどと考えない方が良いです。

普通に、そうゆう自分の嫌な部分は、小出しにするくらいが良いかと思います。

最初からそのテンションで来られると女性から壁を作られ、LINEをブロックされることもあると思います。

もし、自分に難ありなのか分からなかったら、身近なはっきりものを言ってくれる人や、結婚アドバイザーとかに指摘してもらうと良いかと思います。

 

婚活で残り物の男性にならない!最短で相手をGETする方法

婚活で残り物の男性にならないためには、婚活する相手の女性をレベル別に分けて、

婚活の練習して結婚候補をキープしつつ絞っていくのがオススメです。

非情なやり方だと言われるかもしれないですが、これが現実的な方法です。

結婚候補の要件を書き出す

まず婚活で残り物の男性にならないためにやって欲しいことは「結婚候補の要件」を具体的に書き出すことです。

「どんな人が良いか」よりも、「どんな人がダメか」という観点で書き出す方が、発想しやすいので良いです。

結婚候補の要件の例
  • 専業主婦志望ではない
  • 子供は欲しい
  • 年収は400万円以上
  • 手に職を持っている(看護師など)
  • 顔は中の下以上
  • 趣味はお金がかからないもの(お金がかかる美容やアイドルの追っかけなど)
  • 整形はしていない

 

結婚候補のレベル分け

次に結婚候補のレベル分けをしましょう。

結婚候補を3つのレベルに分ける

結婚候補のレベル分け
  • 理想の結婚レベル
  • 結婚できるレベル
  • 結婚できないレベル

理想の結婚レベルの女性の要件を洗い出す

理想の結婚レベルの女性
  • 専業主婦志望ではない
  • 子供は欲しい
  • 年収は400万円以上
  • 手に職を持っている(看護師など)
  • 顔は中の下以上
  • 趣味はお金がかからないもの(お金がかかる美容やアイドルの追っかけなど)
  • 整形はしていない

結婚できる最低レベルの女性の要件を洗い出す

結婚できるレベルの女性
  • 顔は中の下以上
  • 趣味はお金がかからないもの(お金がかかる美容やアイドルの追っかけなど)
  • 整形はしていない

結婚できない女性の要件を洗い出す

結婚できないレベルの女性
  • 顔が下の上以下
  • 金遣いが荒い
  • 整形をしている

 

まずは結婚できる最低レベルの女性で練習する

婚活の練習をする

次に、結婚できる最低レベルの女性とのマッチングでメッセージや会話をして婚活の練習をしましょう。

デートが終わったら、自分の良い点と悪い点を聞いておくと反省を生かせて良いです。

婚活相手をキープする

あくまでこのレベルの女性とは練習ですが、もし自分・相手双方の印象が良ければ、キープをすることをオススメします。

キープするのは気が引けると思うのですが、婚活はキープが当たり前の世界のなので大丈夫です。

相手もキープしている可能性もあるので。

 

理想の結婚レベルの女性で本番勝負

次に理想の結婚レベルの女性で本番勝負をしましょう。

ここまでの女性との出会いは練習で、ここからが本番です。

練習によりレベルが上がった状態で本番に臨むことで、成功する確率が高くなります。

もし、理想の結婚レベルの女性との婚活に成功しなくてもこれまでキープしていた女性がいるので大丈夫です。