髭の肌荒れを防ぐため絶対やってはいけないこと7つ

ダサメンからの脱却

髭の肌荒れを防ぐため絶対やってはいけないことを紹介します。髭の肌荒れにより色素沈着が起こったり、気になって触ってしまい、いつまでも治らない可能性があります。最初から防ぐ方法を考えましょう。

髭の肌荒れを防ぐため絶対やってはいけないこと7つ

髭を毛抜きで抜く

髭を抜くと埋没毛になる可能性があります。毛は毛穴から出てきますが、毛抜きで抜くと新しい毛が生える前にその出口が塞がってしまいます。
そして、皮膚の中に毛が埋まってしまい、埋没毛になります。

除毛クリームやブラジリアンワックスを使う

ブラジリアンワックスは塗ってシートを貼り、ベリッとはがすものですが、基本的に肌への刺激が強く、顔脱毛には向いてません。除毛クリームは毛のタンパク質を溶かして毛を一掃するものですが、肌への刺激が強いのでおすすめできません。

カミソリで毛の生えている方向と反対に剃る

カミソリで剃る時は毛の流れに沿って剃るのが基本です。
逆剃りする際は、90度の方へ剃るのではなく、上45度の方向へ剃ると肌への刺激がおさえられます。

 

何もつけずに髭を剃る

シェービングフォームをつけて髭を剃りましょう。髭を何もつけずに剃ると、肌荒れにつながります。

シェービングフォームは、オイルタイプ、ジェルタイプ、フォームタイプなど様々なタイプがありますが、肌を傷つけず、きちんと剃れるのはジェルフォームタイプです。理由は、敏感肌・剛毛の人向けのフォームタイプ、根元まで剃りたい人向けのジェルタイプの両方の要素を兼ね備えているからです。

石鹸を使って剃る

石鹸は乾きやすいため、シェービングフォームとして代用はできません。乾きやすいと、剃るときに滑らかに剃れず、肌を木津つけてしまう可能性があります。

毛を毎日剃る

毛を毎日剃ると、肌を傷つける回数が多くなるだけでなく濃くなる場合があります。髭剃りは肌を刺激することになり、肌を守ろうと毛が太くなるからです。
毛を剃る回数を減らすために抑毛ソープを顔を洗うときに使う、抑毛ローションを髭剃り後に塗る、脱毛をしましょう。

剃った後にローションをつけない

剃った後にローションをつけましょう。肌荒れは、乾燥から起こる可能性があるので保湿をする必要があります。

おすすめは抑毛ローション

髭を剃った後は保湿ローションを塗りましょう。肌が傷つく原因の一つは肌が乾燥していることです。保湿をすることで肌が傷つくのを防ぎましょう。

MONOVOヘアアフターシェーブローション
オススメポイント
  • フィリニーブとイソフラボンの抑毛効果
  • ヒアルロン酸とコラーゲンで完全保湿
  • コラーゲン、エラスチンでエイジングケア
  • 独特なニオイがない
  • 93.2%の満足度
【NULL】 アフターシェーブローション


オススメのポイント
  • 楽天ランキング、Yahooショッピングランキング1位
  • コスパよりも本当の除毛効果を求める方向けの商品
  • イソフラボンとサポニンの抑毛効果
  • アロエベラエキスでカミソリ負けをケア
  • 肌を引き締める成分も配合
  • 安心の日本製
  • 満足いかなければ全額返金
  • 独特なニオイがない

 

オススメの脱毛はゴリラ脱毛

脱毛することで髭を剃る回数を格段に減らすことができます。それによって肌を傷つける回数も減ります。また、毎日髭を剃ると髭が濃くなる可能性があります。髭剃りは肌を刺激することになり、肌を守ろうと毛が太くなってしまうからです。脱毛でこれも防ぐことができます。

脱毛には、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、家庭用機器での脱毛がありますが、効果、価格、期間を考慮するとレーザー脱毛が最も人気です。12回脱毛してほとんど無くなるレベルになるので、1回あたりの価格を考慮して選ぶとゴリラ脱毛が最もおすすめです。



オススメのタイトル
  • 髭脱毛68800円
  • 脱毛回数6回でその後は100円/回(3年間)で受けられるので脱毛すればするほど1回あたりの価格が安くなる
  • コース料金以外に追加料金が一切かからない
  • 各部位ごとに異なる形状や個人ごとに異なる肌質・肌色・毛質・毛量に対して、最適な選択が出来るだけの脱毛機を取りそろえている
  • 220,879件の来院実績